CONTENTS
sitemap

商品
..群知能AI
..ネットマーケティング
..ネット広告

会社案内
..概要
..沿革
..マスコミ紹介

スタッフ募集
..SE・プログラマ / アルバイト
..外注制作会社
..外注システム会社
..各種外注登録情報

問い合わせ
..商品について
..その他
..Q&A(制作中)



- 「シーン」は作るものそれが勝組の条件 -

 バタバタと元勝組が倒れているのには明確な理由がある。最大の原因はコスト割れだ。あらゆるユーザーを取り込もうとして、採算を度外視した広告展開、業務拡大を続けたからだ。「全部」と思った時が負組の始まりだ。

 なぜ、全ての消費者を取り込み、あらゆる商品を扱う必要があるのか?「市場のシェアを高め、競争力を付けマーケットリーダーになる...」等、お決まりの眠たい話を鵜呑みにしてはいけない。

 よく考えて欲しい。ターゲットがあいまいな場合、すべてにマイナス要因が働く。幅広いユーザー獲得の為に本来の狙ってる層とは関係ない広告にまで手を出す。購入に繋がるユーザー1人を獲得するのに掛かるコストは良くて1500円、悪くて8000円位。情報提供等の会員登録は1000円以下でないと成り立たないと言われている。

 仮に、このコストで利用者が急増したとしても手放しでは喜べない。システムが耐え切れないからだ。ユーザー数が増えても利益額が変わらないというのは良く聞く話だ。コストを掛けずに広める方法は...

 こうすると、年に1回しか購入しない利用者と、年に幾度も購入する利用者が混在する。システムも、出荷や配送、サポート、人員体制等すべてがこの1回しか利用しない人をも含めた体制を強いられる。

 最大効率で勝負できるはずのインターネットが、お金さえ出せば、簡単に人が集まるが故に、効率を落としてバタバタと倒れていく。如何にターゲットを絞り、密度の濃いユーザーを囲い込めるかが、勝負の分かれ目になる。ある商品や業種に特化できるかどうかだ?

 間違ってはいけないのが、単なる商品や業種が大切ではないという事だ。ライフスタイルのワンシーンを引き出せる商品や業種、サービスが大切で、そのサイトにくれば、ユーザーの求めていたワンシーンに出逢えるかどうかという事が最も大切だ。

 情報がある一定量、限界を超えると人は、誰かに追随する。もういろいろ見比べても多すぎて判らないからだ。こうなると、ユーザーは商品を探す前に、そのサイトの個性(オピニオンパーソナリティ)を探す。「このサイトにある商品だから、多少性能が判らなくても買う...」になる。

 ユーザーがこの個性を認めた時、共感(シンパシー)した時こそ、コアの利用者になる。ネットでコストを掛けずに広める方法は、このコアのユーザーだ。多額のお金を掛けて雑音のようなユーザーをかき集めるより、シーン作り、シンパシー作りに注力すれば、自然と広がる。シンパシーの無い雑音を相手にするのは負組に任せれば良い。

 ただ、ゆっくりと口コミで広がるのを待つのも良いが、ユーザーが増えれば質問や疑問も増加し、対応する事により更にサイトの質がグンと上がるという好循環が生まれる。

 ある時期になれば、自社サイトと似通った個性、ユーザー層を持つメディアに限って広告を出すのも、その業界でNo1を取る近道のお勧めの戦略だ。特に大切なのは、業界に詳しい良い広告営業マンを捕まえる事だ...

 これを解決するには、既存のサイトとユーザーを結び付け、消費者の動向を簡単に捉える仕組みやユーザーの声、疑問に応える方法が必要だ。既存の方法ではない、何かインターフェイスが必要だ。






  

35 本質への回帰は、強みの再認識だ
34 高値か安値か?どっちで勝負するかだ
33 1人が決める、とこだけが勝つ
32 "シーン"の助っ人!キャラ戦略の今
31 大手○○の再生はあるのか?
30 滞在時間,リピート率UPの武器Q&A
29 実例に見る、売れてる「シーン」作り
28 通販に見る 「シーン」 の誤作動
27 CRMを応用した 成功報酬型、販売代行始まる
26 売れる店は「従業員 (のDNA) 主義」だ
25 「シーン」は「専門」に付いてくる
24 こだわる消費者の実態は 「シーン」だ
23 クローズド!それが口コミ最大の戦略だ
22 なぜ マイページが失敗したのか?
21 「シーン」 は作るものそれが勝組の条件
20 「デフレ」 こそが最大のチャンスに
19 欲望ではなく「シーン」で売る
18 ラジオの逆襲、クローズドシンパシーとは
17 webレンタル店員 「売れっ子桜」/B面とは
16 第3の潮流、巻き返し戦争が今「B面」で
15 ナレッジ型FAQ&A戦略に新しい潮流
14 FAQは宝の山、消費者側に立つ事から
13 成功報酬型広告でノーリスクの売上を
12 今原点は、独占と市場の声を聞く事だ
11 成功報酬型(フルコミ)広告で売上を
10 世界恐慌は既に始まっている?
9 市場は既に縮小均衡してしまっている
8 ネットマーケティングが勝負を分ける
7 1人1人を捕らえた広告手法が新登場


  

13 お茶でうがいと、殺菌と
12 細菌とお茶と免疫力
11 ビジネス戦士の勝組ティータイム
10 深層水とミネラルバランスが生む巨大生物
9 お茶で酔う、リラクシゼーション
8 自然治癒力のサポート役、お茶
7 お茶は癌に効く、飲料でNo1
6 生活リズムと自然治癒力
5 生活リズムとお茶の役割
4 太陽で煮出す、お茶の効能 その2
3 太陽で煮出す、お茶の効能
2 最近の「お茶」と、テレビ番組紹介
1 健康に良いって言われる「お茶」サイトを回って...


(C)2002 ACOA , Inc. All rights reserved.