CONTENTS
sitemap

商品
..群知能AI
..ネットマーケティング
..ネット広告

会社案内
..概要
..沿革
..マスコミ紹介

スタッフ募集
..SE・プログラマ / アルバイト
..外注制作会社
..外注システム会社
..各種外注登録情報

問い合わせ
..商品について
..その他
..Q&A(制作中)



- 実例に見る、売れてる「シーン」作り -

 銀座を歩くとその変化に驚かされる。日本一地価の高い所で、激安ショップの出店ラッシュが続く。しかし道を挟んだ向こうでは有名ブランド店が、売上絶好調で息が荒い。いったい消費はどっちに向かうのか?ネットはどっちに続けば良いのか?

※銀座の様子  資生堂ライブカメラ

 この両極端の唯一の共通点は、「シーン」を一緒に販売している事だ。一見消費の流れが無茶苦茶、無秩序の方向にあるように見える。「金持ちは金持ち、貧乏人は貧乏人」だと思えなくともないが、有名ブランドを買う人は何と、若い女性が多い。

 銀座のど真ん中にユニクロが出来て話題を集めている。「やはりそうか?」、「安売りに走れば良いのだ」売る為、市場を取るにはこの戦略だ、と思う。ふと振り返ると道の向かいには有名ブランド店が...

 Matsuzakayaの1階には、NINA RICCI が、GUCCI がその売り場面積を3倍に広げた。高級店はやはり銀座に集まるのだと実感させられる。銀座だけかと思えば、大阪の心斎橋でも同じだ。あのビルも、このビルも角地や一等地に有名ブランド進出している。

 「そうか」、良質なものは高くても売れるのか、物余りの今、「高くても良い物、どこにも無い物で勝負だ」と思う。しかし本当にそうなのか?弁当が、牛丼が200円台の戦争を繰り広げている今、消費者はそんなにお金があるのか、と疑問が頭から消えない。

 消費に関しては2つのジャンルで考える必要がある。1つは、生活に必要なもの、生きて行くには不可欠なものだ。もう1つは生活を豊かにする物やサービスだ。戦略を考える場合、はっきりとこの2つを分けて議論したり、構想を練る必要がある。

 時代、仕組みの激変の中、戦略のミスは許されない。今迄の様に同じようなペースで成長して来た時の、戦略ミスは修正が効くが、今は違う。1回でも方向を間違うと存亡の危機に直面する。歴史があろうと、大手企業だろうと全く同じだ。

 生活を支える商品、例えば洗剤などは機能と値段だけが勝負になる。あとは流通コストがどれだけ下げられるかだ。いち早く、激安高品質で市場を取った者が勝つ。ネットでも同じだ。ただ、利幅の競争になるので大手資本に呑み込まれるのは必至だ。

 ネットベンチャーがバタバタ倒れているのもそうだ。当初、ちょっと話題になればマスコミが挙ってPRしてくれた。タダで集客できたから商売が成り立っていた、という側面が多い。今同じ人が、その時と全く同じ条件で、同じ商売を始めたら、いきなり赤字で倒産ではないだろうか?地域密着型は別だか...

 問題は、もう1つの生活を豊かにする方だ。ここでは大きい小さいに関わらず誰でもが勝負できる。正にネットに最適な市場ではないか。すでに物が溢れる中、消費者が本当に欲しいのは「物」ではない。

 売るのは物(やサービス)だか、消費者が買うのはこの「物」ではない。「物」を買う事により、つまり自分の傍に置く事により、自分をどう高めれるか、社会においてどうデコレーションできるかで、そのデコレーションが、更にその人を元気づけ、自分だけではイメージできない、次のステージへと押し上げるからだ。

 機能の殆ど変わらない、山と積まれる「ドリンク剤」市場に、その一端が垣間見られる。例えば、リポビタンD のCM、効くと言ってる最大の売り文句は「タウリン1000mg」だ。タウリンならどこでも手に入るし、他社製品の方が多い。

 ただ、このCMでは、90%以上がイメージだ。購入者が欲しいと思う、強くなれる、元気になれるイメージを、飲むという「シーン」で提供している。あくまでも一例だが、口に入るもの以外更に厳しい。もっとも本質的で深く「シーン」を提供ができるところのみが勝ち残る。

 これを解決するには、既存のサイトとユーザーを結び付け、消費者の動向を簡単に捉える仕組みやユーザーの声、疑問に応える方法が必要だ。既存の方法ではない、何かインターフェイスが必要だ。






  

35 本質への回帰は、強みの再認識だ
34 高値か安値か?どっちで勝負するかだ
33 1人が決める、とこだけが勝つ
32 "シーン"の助っ人!キャラ戦略の今
31 大手○○の再生はあるのか?
30 滞在時間,リピート率UPの武器Q&A
29 実例に見る、売れてる「シーン」作り
28 通販に見る 「シーン」 の誤作動
27 CRMを応用した 成功報酬型、販売代行始まる
26 売れる店は「従業員 (のDNA) 主義」だ
25 「シーン」は「専門」に付いてくる
24 こだわる消費者の実態は 「シーン」だ
23 クローズド!それが口コミ最大の戦略だ
22 なぜ マイページが失敗したのか?
21 「シーン」 は作るものそれが勝組の条件
20 「デフレ」 こそが最大のチャンスに
19 欲望ではなく「シーン」で売る
18 ラジオの逆襲、クローズドシンパシーとは
17 webレンタル店員 「売れっ子桜」/B面とは
16 第3の潮流、巻き返し戦争が今「B面」で
15 ナレッジ型FAQ&A戦略に新しい潮流
14 FAQは宝の山、消費者側に立つ事から
13 成功報酬型広告でノーリスクの売上を
12 今原点は、独占と市場の声を聞く事だ
11 成功報酬型(フルコミ)広告で売上を
10 世界恐慌は既に始まっている?
9 市場は既に縮小均衡してしまっている
8 ネットマーケティングが勝負を分ける
7 1人1人を捕らえた広告手法が新登場


  

13 お茶でうがいと、殺菌と
12 細菌とお茶と免疫力
11 ビジネス戦士の勝組ティータイム
10 深層水とミネラルバランスが生む巨大生物
9 お茶で酔う、リラクシゼーション
8 自然治癒力のサポート役、お茶
7 お茶は癌に効く、飲料でNo1
6 生活リズムと自然治癒力
5 生活リズムとお茶の役割
4 太陽で煮出す、お茶の効能 その2
3 太陽で煮出す、お茶の効能
2 最近の「お茶」と、テレビ番組紹介
1 健康に良いって言われる「お茶」サイトを回って...


(C)2002 ACOA , Inc. All rights reserved.