CONTENTS
sitemap

商品
..群知能AI
..ネットマーケティング
..ネット広告

会社案内
..概要
..沿革
..マスコミ紹介

スタッフ募集
..SE・プログラマ / アルバイト
..外注制作会社
..外注システム会社
..各種外注登録情報

問い合わせ
..商品について
..その他
..Q&A(制作中)

 

- ビジネス戦士の勝組ティータイム -

 忙しい商談や会議、長時間パソコンを見つめる毎日、ストレス社会では日々のリラックスが何より大切だ。簡単に毎日続けられる「健康習慣」には、やはりお茶が最適だ。バイオ技術を応用した健康補助食品とは...

 ホッと一息、飲料系でも 葉、実、根と3系統あるが一般的に体の芯から暖まることで知られている根っ子系の「高麗人参・朝鮮人参」はこれからの季節に欠かせない存在だ。

 ウコギ科の多年草で和名では「おたね人参」と言い、古くから健康を維持・増進に大いに役立つものとして使用されてきた。バイオテクノロジー、植物組織培養技術を応用し、この「おたね人参」を、優れた健康食品関連商品として世に送り出している企業がある。

 以前は韓国旅行に行く人に頼んで、本場の高麗人参茶をよく買ってきてもらっていた。1袋3g入りで、冷水かお湯に溶かして飲むが、結構飲みづらい。蜂蜜などを加えて飲むと人参本来の風味が増して美味しいとあるが...やはり飲みづらいと感じる人も多いとか。

 黒酢等もそうだが、いくら健康に良いとわかっていても、いざ飲むとなるとなかなか続かないが、この「培養人参精茶」はほとんど癖がない。苦味もないし、どちらかと言えばまろやかだ。

 今まで、飲みたくても苦味や渋みで「高麗人参・朝鮮人参」を飲めなかった人にもお勧めだ。お湯に一袋を溶かして飲むのだが、水と一緒にそのままでも飲めるほど、まったりしていて、苦味、臭みはほとんどない。

 では、「培養」ってどういう事だろう。正確には「植物組織培養」と言って生命の最小単位である細胞の中からすぐれた性質のものを選び抜き、制御された無菌の環境の中で成長させている。この為、農薬などの汚染の心配がなく、特有の苦味やドロ臭さもない。

 元々は、中国北東部から朝鮮半島北部原産のウコギ科に属する多年草で、古くから珍重されてきた貴重な、量的に限りのある、おたね人参を使って最新の植物組織培養技術で製品化に成功している。製品を世に送り出してから既に10年になる。

 この培養おたね人参は、疲れている人は勿論、働き盛り、あらゆるシーンで活躍するビジネスマン・ビジネスウーマンにもお薦めの、疲労回復・健康維持のための健康食品だ。いつものお茶として10時・15時のティータイムや眠る前など好きな時に気軽に飲める培養人参精茶。毎日の継続・飲用がお勧めだ。






  

35 本質への回帰は、強みの再認識だ
34 高値か安値か?どっちで勝負するかだ
33 1人が決める、とこだけが勝つ
32 "シーン"の助っ人!キャラ戦略の今
31 大手○○の再生はあるのか?
30 滞在時間,リピート率UPの武器Q&A
29 実例に見る、売れてる「シーン」作り
28 通販に見る 「シーン」 の誤作動
27 CRMを応用した 成功報酬型、販売代行始まる
26 売れる店は「従業員 (のDNA) 主義」だ
25 「シーン」は「専門」に付いてくる
24 こだわる消費者の実態は 「シーン」だ
23 クローズド!それが口コミ最大の戦略だ
22 なぜ マイページが失敗したのか?
21 「シーン」 は作るものそれが勝組の条件
20 「デフレ」 こそが最大のチャンスに
19 欲望ではなく「シーン」で売る
18 ラジオの逆襲、クローズドシンパシーとは
17 webレンタル店員 「売れっ子桜」/B面とは
16 第3の潮流、巻き返し戦争が今「B面」で
15 ナレッジ型FAQ&A戦略に新しい潮流
14 FAQは宝の山、消費者側に立つ事から
13 成功報酬型広告でノーリスクの売上を
12 今原点は、独占と市場の声を聞く事だ
11 成功報酬型(フルコミ)広告で売上を
10 世界恐慌は既に始まっている?
9 市場は既に縮小均衡してしまっている
8 ネットマーケティングが勝負を分ける
7 1人1人を捕らえた広告手法が新登場


  

13 お茶でうがいと、殺菌と
12 細菌とお茶と免疫力
11 ビジネス戦士の勝組ティータイム
10 深層水とミネラルバランスが生む巨大生物
9 お茶で酔う、リラクシゼーション
8 自然治癒力のサポート役、お茶
7 お茶は癌に効く、飲料でNo1
6 生活リズムと自然治癒力
5 生活リズムとお茶の役割
4 太陽で煮出す、お茶の効能 その2
3 太陽で煮出す、お茶の効能
2 最近の「お茶」と、テレビ番組紹介
1 健康に良いって言われる「お茶」サイトを回って...


(C)2002 ACOA , Inc. All rights reserved.