CONTENTS
sitemap

商品
..群知能AI
..ネットマーケティング
..ネット広告

会社案内
..概要
..沿革
..マスコミ紹介

スタッフ募集
..SE・プログラマ / アルバイト
..外注制作会社
..外注システム会社
..各種外注登録情報

問い合わせ
..商品について
..その他
..Q&A(制作中)



- 太陽で煮出す、お茶の効能 -

 紅茶の入れ方には、3種類あり、味や香りが変わるだけではなく、なんと活性酸素を押さえる効果も違ってくるという。さらさら血のできやすさが違う。この入れ方を今回は緑茶で試してみた。(次回はルイボスティ)

  3種類とは、一般的なお湯で煮出す方法と、水で数時間寝かす方法、もう一つが、太陽に当てて煮出す?方法だ。サンティと言うらしい。8/3金のおもいっきりテレビのなるほどなっとく

 水や、お湯で出すのに比べて、活性酸素を押さえる力がサンティでは数十パーセントアップする。もともと植物は、強烈な太陽と共に生きているが、葉っぱ等紫外線にさらされた時には紫外線から身を守ろうとする成分を出すらしい。

 サンティの作り方は、茶葉を入れたガラスの容器を強烈な太陽、紫外線のもとに2時間(紅茶の場合)置くだけで出来る。茶葉が紫外線にさらされる事により、ポリフェノール等の抗活性酸素成分をより多く出す。紫外線との安全性が確認できてないプラスチック系容器はあまりおすすめ出来ない。

 サングラスでも、紫外線を100%カットするのもあれば、殆どを通してしまうガラスもある。ガラスは紫外線遮断効果があるが、すべてを遮断するというものでもないのでとりあえず、安全面も考えればガラス容器が無難。

 今回は、真夏の国のお茶、ルイボスティで試してみたかったのだか、初めてということで緑茶でサンティを作ってみた。水はサントリーの南アルプスの天然水、茶葉は、宇治森徳の無農薬かおりちゃん、粉末緑茶を使用。

 サンティの特徴はやはり、まろやかな香りだ。お湯とは、また違った感じで飲みやすい。1リットル飲んでみたが、水出しよりは良く、熱湯を冷ます事を考えると、外に置いとくだけで出来て、ガブガブ飲めるのはありがたい。

 水出し茶として、つい最近タマノイ酢からペットボトルで深出茶が販売されている。これは低温の水でゆっくり時間をかけて抽出している。生茶や旨茶もそうだが、サンティを飲むと渋みのない、まろやかなお茶もはやるのではと思う。

 紅茶とは、違いポリフェノール等の含有率が違うかもしれないが、緑茶も紅茶も烏龍茶も、もともとはお茶の葉なので似たり寄ったりの効果はあるかもしれない。好みに応じて試してみてもと思う。

 次回は、7/22放送された、あるある大辞典、夏の健康茶 南アフリカで飲まれてるルイボスティで、サンティを作ってみようと思う。






  

35 本質への回帰は、強みの再認識だ
34 高値か安値か?どっちで勝負するかだ
33 1人が決める、とこだけが勝つ
32 "シーン"の助っ人!キャラ戦略の今
31 大手○○の再生はあるのか?
30 滞在時間,リピート率UPの武器Q&A
29 実例に見る、売れてる「シーン」作り
28 通販に見る 「シーン」 の誤作動
27 CRMを応用した 成功報酬型、販売代行始まる
26 売れる店は「従業員 (のDNA) 主義」だ
25 「シーン」は「専門」に付いてくる
24 こだわる消費者の実態は 「シーン」だ
23 クローズド!それが口コミ最大の戦略だ
22 なぜ マイページが失敗したのか?
21 「シーン」 は作るものそれが勝組の条件
20 「デフレ」 こそが最大のチャンスに
19 欲望ではなく「シーン」で売る
18 ラジオの逆襲、クローズドシンパシーとは
17 webレンタル店員 「売れっ子桜」/B面とは
16 第3の潮流、巻き返し戦争が今「B面」で
15 ナレッジ型FAQ&A戦略に新しい潮流
14 FAQは宝の山、消費者側に立つ事から
13 成功報酬型広告でノーリスクの売上を
12 今原点は、独占と市場の声を聞く事だ
11 成功報酬型(フルコミ)広告で売上を
10 世界恐慌は既に始まっている?
9 市場は既に縮小均衡してしまっている
8 ネットマーケティングが勝負を分ける
7 1人1人を捕らえた広告手法が新登場


  

13 お茶でうがいと、殺菌と
12 細菌とお茶と免疫力
11 ビジネス戦士の勝組ティータイム
10 深層水とミネラルバランスが生む巨大生物
9 お茶で酔う、リラクシゼーション
8 自然治癒力のサポート役、お茶
7 お茶は癌に効く、飲料でNo1
6 生活リズムと自然治癒力
5 生活リズムとお茶の役割
4 太陽で煮出す、お茶の効能 その2
3 太陽で煮出す、お茶の効能
2 最近の「お茶」と、テレビ番組紹介
1 健康に良いって言われる「お茶」サイトを回って...


(C)2002 ACOA , Inc. All rights reserved.