よくネットでは「自己責任」ということが言われるが、知らない世界や取引先を探す場合、「探す」ということ以上に「相手を知る」ということに大変な労力を使わないと、その情報が役に立たない場合がある。

 この、「相手を知る」というのは、日常生活では、どうと言う事はない作業だがネットでは全く違う。相手と向かい合って話しをしたり、動作や、振る舞いを見れるわけでもないからだ。

 取引相手を、ポイントづけして幾らまでの金額なら取引しても良いかなどを出すサイトもあるようだが、大手企業情報を元に、各社の登録与信先を一括管理してくれるサービスや、新規取引先の目安がわかる。






 既存のマーケットでは、広告掲載も新規取引先を探す重要な手段だ。今まで新聞や雑誌などの業界では、広告掲載をどうしていたのだろうか?個人、法人を含めて数限りない会社がある中、どう「相手を知る」のだろうか?

 実は、掲載には必ず「審査」という言葉がついて回る。内容、程度は各媒体でおのずと違ってくるが、この「審査」に使われる労力は結構すごいものがある。既存メディアは何十年もこの「相手を知る」ということに労力を使って来た。

 逆に言えば、信頼出来る既存メディアに掲載されている企業は、ある一定の基準をすでにパスしていると言えるかもしれない。あまり新規取引した事のないアマチュアユーザーが、あれやこれや労力とお金を掛けるより...


日本経済経新聞社の「アウトソーシング・サーチ Bizplus」始め、BtoBの外注先募集、外注受けますなど。アウトソーシングで仕事を探す場合や、外注の仕事ありませんか?などの募集、申し込み方法の資料を無料で差し上げます。

郵送先の、ご住所、会社名(個人も可)、ご担当者名とメールアドレス、「アウトソーシング資料希望」と記入の上、info@acoa.co.jp までお送り下さい。
 


 今まで、企業どうしの新規取引、外注などのマッチングサイトはいくつかあった。有料、無料はともかく、そこに掲載されている会社はどういう基準で掲載されているのか掲載基準や掲載責任が明確ではなかった。

 日本経済新聞社が新しい取り組みとして、「アウトソーシング・サーチ」というのを始めた。企業どうしの新規取引のマッチングサイトだ。システム会社を知りたい、制作会社を探したい、司法書士はいないか?などの時にとても便利だ。

 今までのよくある取引先マッチングと最も違うのは、そこに掲載されている会社はすべて、いつもご覧の新聞、「日本経済新聞」の掲載基準と同じ審査をパスして掲載されている点だ。もちろんどんな取引でも自己責任には変わりないが...


アウトソーシング・サーチ Bizplus
日本経済新聞社の外注先探し、外注受けます...のサイト
日経ネット
経済情報の事ならこれ、毎日チェック、日経新聞のネット版
e-審査部
会員制の与信管理のアウトソーシング。リスクモンスターが運営
制作会社検索サービス
ホームページ制作マッチング。さぶみっとが運営